総合福祉支援センターベースアップ×軟石や

これまで札幌軟石の採掘をしている「辻石材工業株式会社」で

3年間お世話になりました。

採掘場にある小さな石のかけらたち。

どうやって使ったらいいか?という課題がありました。


でも私には宝の山にしか見えませんでした。


どうしたらこの宝物がみんなが認める「宝物」になるのだろう?

試行錯誤して、テスト販売をするとその石たちは

評判がよく、どんどん売れていきます。

とうとう、私一人の手では作るのが追い付かなくなってきました。


辻石材では、大きな製品を手掛けることが中心で、

小さなかけらを使って商品化をするのには

いろいろな課題がありました。


そんな時、総合福祉支援センターベースアップを運営する

株式会社やよいの鎌田社長が「これを障害者さんのお仕事にしたい!」

とお声をかけてくださいました。


ちょうど、軟石やとして小物部門を独立させる決意を

したところでしたので、そのまま私も営業と加工指導で

株式会社やよいの中の「軟石や」部門として新しいスタートを

させていただきました。


これから宮の沢に軟石やの工房をOPENし、

そこで、小さな石の加工や絵付けやパッケージ作業など

商品をたくさんつくってもらいながら、私はそれを

多くの方に見ていただけるようあちこちに行ってみようと

思っています。

(雑貨屋さんやインテリア屋さん、お土産やさん、札幌の石蔵カフェ、小樽の倉庫群のあたりや余市など)


軟石グッズを販売していただけるお店がありましたら、

是非ご連絡をお待ちしております。

もちろん、商品サンプルを持ってお伺いいたします。


本格稼働(たくさん商品ができる)は来年春からの予定です。


皆様、これからもますます札幌軟石をよろしくお願いいたします!